マルチメディアコンテンツの強化

マルチメディアコンテンツの強化

イメージ

元からHTMLにあった機能で、HTML5において強化された機能にはどのようなものがあるのか、知りたいという方もきっといらっしゃいますよね。
HTML5でより強化された機能たちを紹介していきたいと思います。

 

そもそもHTML5が目指すものが何か、というところを考えると分かりやすくなります。
各々意見があるとは思いますが、基本として言えるのは動画や音楽など万人に使いやすいマルチメディア機能と、ホームページの構造のシンプルな標準化でしょう。
この2つのテーマはHTMLがバージョン4になってから常に意識されてきたものです。

 

ホームページ内にあるコンテンツの構造化をシンプルにするためレイアウト機能も強化されましたし、そんな強化された機能について今から見ていきます。
外せないのはやはり動画や音のデータに関してでしょう。

 

一昔前のホームページと今現在のホームページを比べても分かるように、今のホームページには動画などのマルチメディアコンテンツが豊富にあります。
音声データや動画データというのは取り扱いが難しいもので表現には限界がある、というのは一昔前のコンピューターにおける基本的な認識でした。

 

これはデータがどうしても大きくなってしまうためですが、現在ではコンピューターものものの性能含めインターネット回線も大きく進歩したことで、データが大きくなりすぎるという問題が解決したのです。
つまり、ホームページ上で音声データなどを公開するのが容易になったのです。

 

これ自体は嬉しい進歩であったのですが、今までのHTMLではそれをサポートする機能がなかったために外部的な機能を併用することで表現するしかありませんでした。
ですが、HTMLでは関連する要素を追加することによって、標準的機能として音声データや動画データを公開できるようになったのです。

 

次世代のホームページとはどのようなものか、次世代のインターネットとはどのようなものか、ということを考えて強化されたこの機能はこうして文字にしてみるとどれほど大きな進化であったかが分かりやすくなりますね。

 

このように、強化された機能によって今までよりも格段に表現の幅が広がったことでHTML5は多くのホームページ製作者や企業などから注目を集めているんですね。
他にもいろいろと強化された機能はあるのですが、このマルチメディアコンテンツの強化はHTML5における特に大きなポイントであると言えるでしょう。


関連ページ

今回のHTML5で出来ること
これからのWEB制作はhtml5とcss3が主流になります。気になる情報についてご紹介。
大きなHTML5の魅力たち
これからのWEB制作はhtml5とcss3が主流になります。気になる情報についてご紹介。
新バージョンHTML5のメリット
これからのWEB制作はhtml5とcss3が主流になります。気になる情報についてご紹介。
メリットとデメリットについて
これからのWEB制作はhtml5とcss3が主流になります。気になる情報についてご紹介。
強化されたレイアウト機能
これからのWEB制作はhtml5とcss3が主流になります。気になる情報についてご紹介。