HTML5によるホームページ制作について

新バージョンHTML5のメリット

イメージ

あまり詳しくない、という方のためにHTML5のメリットはについて、代表的なものをいくつか紹介していきたいと思います。

 

まずは1つ目ですが、マークアップがよりセマンティックになったこと。
そもそも「セマンティックとは何か」というところですが、セマンティックというのは効率よく情報を検索したり収集したりするための技術のことですね。

 

今回のHTML5では新しく構造やデータの形式に合わせたタグが追加され、それによって文書構造というものをハッキリと表現することが可能になったのです。
分かりやすく言うと、人間にとって読みやすいのはもちろんのこと、コンピューターから見ても読みやすい文書を作ることができるようになった、という感じでしょうか。

 

これによって検索エンジンとの親和性がとても高くなり、HTML5でSEO対策にも近いことが出来てしまう、というのが大きなメリットでしょう。
W3Cによって策定されているアクセシビリティの仕様にもHTML5は対応しているので、より高いクオリティでのアクセシビリティも可能になっているんですね。

 

2つ目のメリットは互換性が従来のものよりも更に高くなったことです。
既存のブラウザに対してもHTML5は配慮しているのです。

 

新しく追加された要素は表示させない、もしくはユーザーが入力した代替のテキストを表示させるなど古いブラウザであっても取り扱うことが可能となっています。
フォールバックという仕組みによってこれは可能になっているんです。

 

新しいブラウザと同じ表現をするというのであればJavaScriptなどでどうにもならない部分を補う必要は出てきますが、大きくレイアウトが崩れてしまうというようなことはありませんから安心ですよね。

 

最後は、今まででは難しかった表現も可能になったということ。
HTML4では実現が難しかった機能をHTML5では簡単に実装できるようになったのですが、その中でも特に新しいのがグラフィックの描画などですね。
動画や音声の貼り付けもかなり簡単でシンプルな手順でOKとなりました。

 

ブラウザによる差異などといった問題点が完全になくなったわけではありませんが、Flashなどのプラグインを使用せずとも表現できるのはとても大きいですよね。

 

フォーム周りのタグも強化されていますし、JavaScriptを使用しなければ今までなら実現し得なかった機能がHTML5では実装できるようになったのです。
"


関連ページ

今回のHTML5で出来ること
これからのWEB制作はhtml5とcss3が主流になります。気になる情報についてご紹介。
大きなHTML5の魅力たち
これからのWEB制作はhtml5とcss3が主流になります。気になる情報についてご紹介。
マルチメディアコンテンツの強化
これからのWEB制作はhtml5とcss3が主流になります。気になる情報についてご紹介。
メリットとデメリットについて
これからのWEB制作はhtml5とcss3が主流になります。気になる情報についてご紹介。
強化されたレイアウト機能
これからのWEB制作はhtml5とcss3が主流になります。気になる情報についてご紹介。